2007年10月15日月曜日

定演

昨日(10/14)隣の吹奏楽団の定演に行ってきました。
1部がクラシックとオリジナル
吹奏楽の演奏会で一番楽しみなのは、オリジナルが聞けること。聞いたことのない作品だと、もう興味津々だ。そのオリジナルとは

トーマス・ドス(Thomas Doss)作曲「モンク・アンド・ミルス」

1966年生まれで、最近ヒット作を世に送り出しているらしい。
さてこの曲、なかなか変化にとんでいるし、おもしろい曲だ。

1部は音量は抑えめで、柔らかい音づくりをしていました。

2部は地元のジャズ・ビッグバンド
うまい!ちゃんとメリハリがきいている。そして楽しかった!

3部は合同演奏。POPSをしました。
スペイン(チック・コリア)
ファンタンゴ
マンテカ(ディージー・ガレスビー)の3曲です。うまかった!


さて帰りの車中、カーステでFMを聞いていると、何か聞き覚えのある声。
・ ・ ・ ? ・ ・ ・ ん ・・・・ ん  ・・・んー!

くめちゃん、 くめちゃん!

久しぶりに聞いた、くめむらなおこ (ごめんなさい、漢字がわからないのです)

何年も前になるけど、平日の夕方よく聞いていたんです。
あ~、なつかしい!


にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ



音楽ブログランキングへ

2 件のコメント:

松 さんのコメント...

 謎が解けました。
小澤さんの名前ですね☆
何のことか分からなかったらすみません(笑)

よんちゃん さんのコメント...

松さん、正解です。