2009年2月3日火曜日

酒井さん

酒井格さんは、1970年生まれの吹奏楽作曲家。日本を代表する作曲家の一人です。

僕は酒井さんの曲が大好きです。
昨年のジューンコンサートで念願かなって、処女作であり代表作の一つである「たなばた」を演奏しましたが、その酒井さん関連のニュースがあります。

高校野球、今年春の選抜大会で開会式に入場行進に使われる曲は、GReeeeNの「キセキ」だそうですが、その編曲を酒井さんが担当されるそうです。

僕は高校野球にはあんまり興味はなく、開会式も○○年見ていません。でも今年はこの曲を(いや、編曲そのものを)聞かないといけないですね(笑)

音楽ブログランキングへ
            にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

2 件のコメント:

ジョビジョバ さんのコメント...

よんちゃんさんこんにちは♪♪♪
久しぶりにお邪魔します。
体調を崩しておられたそうで・・・。
先日の会合でお出会いしていながらも気の利いた言葉が掛けられなかったわたくしでございます(^^;)早く人見知りを治さなくては!

へ~ぇ酒井さんが?!☆
あのズンドコズンドコ・エンヤートットのリズムをどうお料理されるのか楽しみですね♪
きっと颯爽としたサウンドになるのでしょうね。


それから
選曲の皆さんお疲れ様です。
膨大な楽曲・楽譜から諸々モロモロいろ~んな条件を加味して、あちらを立てればこちらが立たずドウドウ巡りの産みの苦しみですもんね。
沢山の中から選べるって幸せですけれど大変な作業です。文字通り“客観性”も必要ですし。

今年はどこまで出来るかわかりませんが真剣に完成度を上げてゆきたいです。

あっお昼休み終わってた~(汗)

よんちゃん さんのコメント...

ジョビジョバさん、こんにちは。

先日の総会はお疲れ様でした。
“人見知り”とな、そんな風には見受けられませんが・・・

「キセキ」を酒井さんはどんなふうに料理されるんでしょうか。ホールで演奏するのと野外で演奏すのでは、編曲の仕方が違うでしょうね。

選曲過程について一言では言えませんが、細かいことについて、あれはこう?これはどう?というように聞かれると、いっぱい応えることができます(笑)

新曲は少しずつやっていきますが、編曲がよくて曲変更がないことを願っています。