2009年2月17日火曜日

ラトルか、迷うな。

ラトルのストラヴィンスキーっていいの?

ラトルのブリテンはどうなの?

ラトルは僕にとって未知の指揮者。ほとんど聞いたことがない。
マーラーの5番をDVDで見たが、いつもの癖で音楽そっちのけで、彼の指揮っぷりをじっと見ていた。だからどんな音楽づくりをするのか印象に残っていない。メシアンの「彼方の閃光」は比較対象するものがないからダメだ。有名曲を違う作曲家で2,3曲聞けばなんとなくわかるが、それができていない。

ラトルはどんな特徴をもった指揮者何だろう?


今何を迷っているかというと、itune と HMV双方ででダウンロードできるセットものが2つある。いずれも同額だ。
・ ストラヴィンスキーがCD4枚組のものが1800円
・ ブリテンのCD5枚組のものが2400円
   (オーケストラはほとんどバーミンガム市交響楽団)

ストラヴィンスキーをラトルはどんな演奏するのだろうかという興味と、聞いたことのない小品があって、それにコレクター的関心がある。
(itune で購入したバーンスタインのストラヴィンスキーはよかった!ラトルもそうであると嬉しいのだが)

ブリテンは「青少年のための管弦楽入門」を中学校の時聞いたぐらいで、他の曲は全く知らない。未知の作曲家への興味がある。

興味があるのになぜかしら躊躇するものがある。
ラトルの作り出す音楽と僕との相性が未知数なことが一つ。
あとは価格。HMVのダウンロード価格の設定にはなんも言うことはない。itune には、これまでの激安セットものなら1500円なのに、なぜこの価格なのかという不満がある。いつも買っているものが値上げされたような釈然としない思いがある。とはいっても1枚当たり450円と480円なんだから、安いのは安いのだが・・・。
安物買いに慣れた自分の心の狭さを笑うべきなのかもしれない。

躊躇の理由で考えられるのはそんなところだ。

皆さんは、どう思われますか。

音楽ブログランキングへ
              にほんブログ村 クラシックブログへ

6 件のコメント:

yoshimi さんのコメント...

こんにちは

ブリテンの音楽は良いですね。シンフォニア・ダ・レクイエムやディヴァージョン、ピアノ曲、連作組曲・変奏曲はとても気に入っています。
CDはブリテン指揮のものを中心に集めていますが、やや古い録音が多く、自作自演がベストとは必ずしも言えない場合もあるようです。
ラトルのセットは選曲にバラエティがあって良さそうですが、CD2枚分の戦争レクイエムはラトル盤が良いのかどうかわからないので、個人的にはそこが悩ましいです。

ダウンロードものは、いつも1CDあたり1500円で買っているので、5枚2400円なら十分安いかと。マルチバイのCDと価格差があまりないのが難点ですね。保存性やブックレットのことを考えるとCDにしたくなります。
激安セットは一時的なキャンペーン価格なので、あまり気にはしていませんし、あの価格では商売にならないでしょうね。

ピースうさぎ さんのコメント...

ラトルのブリテンはボストリッジとの歌曲の分を持ってますが素晴らしかったです。私もitunesのは狙っていたんですよ。(笑)
ストラヴィンスキーは15年位前にハルサイとミューズを率いるアポロ・・・を単独で持っていますが今でもたまに聴きます。どっちも面白いかもしれませんが、ラトルは私も今制覇中の指揮者なので、なんとも評価が難しいです。

よんちゃん さんのコメント...

yoshimiさん、こんにちは。

ブリテンの音楽はいいですか!

僕にとってのituneは、未知の作曲家に出会える窓口かもしれません。昨年がメシアンでした。今年はブリテンに・・・なる・・・かな・・・?

昨年のituneでは10枚前後が1500円の激安セットばかり買っていました。知らぬ間にセットものは1500円という購入基準(?)ができていたのかもしれません。

未知の曲の場合、ブックレットの有無は大きいですね。それを思うとCDで買ったほうがいいのかなと思ったり・・・、しばらく悩む日が続きそうです(苦笑)

よんちゃん さんのコメント...

ピースうさぎさん、こんにちは。

まずは転勤の件ですが、
ひとつの出来事にはプラス面もマイナス面も両方あり、今後のことは予想できませんが、トータルしていい方向に進めばいいですね。


ブリテンはよかったですか。フムフム。

ストラヴィンスキーは面白いですか。なるほど。

実をいうと、いろんなブログでラトルを取り上げたものを読むと、否定的なものが多いのです。自分が気に入った指揮者であれば、否定的コメントが多くても気になりませんが、未知の指揮者であれば、どうしても影響されます。

もし購入されたらプレビューを楽しみにしています。

やったくん さんのコメント...

おじゃまいたします。

もしラトルが好みかどうかを判断するならiTunesで900円でダウンロード出来る「ベルリオーズ 幻想交響曲」を聴いてみるのをオススメします。

この従来の演奏を逆手にとったような演奏をまず聴いてみて自分の好みと合うかどうか判断した後BOX購入というのがよいのではないでしょうか。

自分は結構新しい時代の演奏と評価したのですが、世間の評価は厳しいようです。

価格はCDよりちょっと割安程度ですので自分の好む媒体で購入するのがよろしいかと。

自分はブリテンをダウンロードする予定です。

よんちゃん さんのコメント...

やったくんさん、こんにちは。

幻想交響曲が900円でダウンロードできるんですね。
割と新しい録音のような気がしますが・・・、こんなに安くなっていいの?と思います。

『従来の演奏を逆手にとる』
う~ん、なるほど。僕の好みは60年代から80年代に集中していますから、好みに合わないかもしれません。
でも試してみる価値はありますね。

ブリテンの感想を楽しみにしています。