2009年3月17日火曜日

ガリア戦記

「ガリア戦記」はユリウス・カエサルの著作。
ガリアとは古代ローマの時代、フランス・スイス・ベルギーあたりを指した地名だ。
この戦記では、カエサルがBC58~51にかけてガリア一帯を征服した時の様子を書いている。

今日取り上げるのは書物の「ガリア戦記」ではなく吹奏楽曲である。

バルト・ピクール Bart Picqueur(1972~)というベルギーの作曲家の作品

「ガリア戦記」

詳しくは以下をクリックしてください。
http://www.bandpower.net/special/togashi_sp/00_history/61_gallico/01.htm
これに僕は何を付け加えようか、という感じです。

いい曲です!

音楽ブログランキングへ
                にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ