2008年3月10日月曜日

「司馬氏のアイーダ」解題

今日でブログを始めて8ヶ月になる。
先日やっと歌劇「アイーダ」を聞いたので、ブログ名解題といきましょう。

『司馬氏のアイーダ』は「しばしの間おつきあいを」からとっている。
たしか落語で使われている言葉だと思うが、これを思いついたのは以下の通りである。

ブログを作ると当然のことながら文章を書く。
文章作りが下手だから、どんな文になるか予想ができない。読みにくい文がだらだらと続いていたら、読む方は大変だろう。そこをなんとか我慢して、しばらくの間でもお付き合い下さい(読んで下さい)という思いでつけたのである。

僕は子供のころから歴史が好き。今も歴史大好きで、司馬遼太郎ファンだから『司馬』をいれた。
音楽が好きになり始めたのは中学ぐらいかと思う。クラシックに興味を持つようになったのも中学の後半ぐらいだっただろう。今は言うまでもなく音楽大好き人間、音楽がなくては生きていけないのではないかと思う。それを『アイーダ』にこめた・・・と書くと、カッコイイんだけどそうではない。歌劇全曲を聞いたことはないけれども、高校1年の思い出の曲ということで「まあ、いいっか」と軽い気持ちで(というよりも、仕方なく)入れることにした。

そんなこんなで、ブログ名ができ、今日までなんとか8ヶ月続いた。
さてどこまで続くかわかりませんが、「しばしの間」と言わず、末永くお付き合い下さい。

音楽ブログランキングへ

2 件のコメント:

ようかんや さんのコメント...

おひさしぶりの投稿になってしまいました。
やっと仕事も一息というところです。

さてさて、もう八ヶ月なんですね。
おめでとうございます!

何でも続けることは大変なことです。
文章を書くって嫌いじゃないですけど、やっぱり続けるとなるといろいろと考えなければならないことがあるんでしょうね。

このブログを読んでいるとよんちゃんの「素顔」が垣間見えて、指揮者のよんちゃんさん以外の顔が見られるのがおもしろいです。

なかなか投稿もできませんが、ぼちぼち続けていってくださいね☆

よんちゃん さんのコメント...

ようかんやさん、こんにちは。

なんとか8ヶ月続きました。
こうして続けられているのも、ようかんやさんやその他の方の書き込みがあるからです。そこから元気づけられることが多いんです。

「素顔」の件ですが、我が吹奏楽団の皆様には、練習での顔しか見せていませんが、このブログはそれ以外の顔を見せる唯一の場かもしれませんね。