2008年11月20日木曜日

ドーハ

「ドーハの悲劇」から15年。

そう、15年もたっているんですね。月日のたつのは速い。
僕はJリーグ発足以来のサッカーファン。と言ってもJリーグはほとんど見ません(苦笑)
一番関心が高いのがジャパンの戦いで、次はヨーロッパのリーグ戦、次にJリーグがきます。ちょっと偏っていますが、僕のサッカーファン歴も15年+α ということになります。

さてさて、カタール戦ですが、3対0で勝ちましたね!
僕は前半だけ見て、勝ってくれよと願いつつ寝ました。今朝起きてニュースをチェックすると、3対0で勝っているじゃないですか。

よかった。

試合会場のドーハは日本にとって因縁の地。ここで勝ててよかった。喜びというより安堵ですね。


校歌編曲は、3番のスコアをおおおよそ書き終えました。
パート譜も同時進行で進めています。音符を書く手が痛い・・・、今日も痛みをこらえながら書きます。

2 件のコメント:

24hirfoumi さんのコメント...

こんにちは。

本当に勝って良かったです。
93年ドーハのときは最後まで観て夜中に全身の力が抜けましたから(笑)

ここのところ、ボクが(テレビ)観戦すると日本代表にロクなことはない(バーレーン戦は早朝起きて観始めたら2点取られ、ウズベキ戦はあのざまで)ので、今回は観なかった結果勝ちでホッとしました。

校歌編曲頑張ってくださいね。

よんちゃん さんのコメント...

24hirofumiさん、こんにちは。

僕も「ドーハの悲劇」と言われた試合を見ていました。
サッカーの怖ろしさを感じさせた試合でした。

テレビ観戦するとろくなことがないということですが、それは北京オリンピックでの星野ジャパンの試合を見て感じました。
僕が見ているとよく打たれるんです(苦笑)

校歌編曲はもう少しです。
応援ありがとうございます。