2008年9月12日金曜日

稲木


ここ数日いい天気が続いていますね。
澄みきった晴天と、じとっと汗ばむことのないさわやかさが好きです。

明日は近くの中学校で体育祭があります。そして日曜日は地区の運動会があります。
僕は例年の如く「大縄跳び」にでます。昨年もこのブログでぼやきましたが、日頃あまり体を動かさない僕にとって年々苦しくなってきます。
自分が縄に引っ掛かってチームに迷惑をかけたくないので(自分が恥ずかしい思いをしたくないのも多分にある)、毎年1週間ほど前から体を動かし運動会に備えます。
たいしたことはしませんよ、仕事の合間をみつけウォーキングやサイクリングなど軽めのものをするだけ。

幸い今週は天気がいいから気持ちがいい!一年中こんな天気だったらと思うほど。
気持ちよくでき、気分転換にもなっていうことなし。

ところで、昨日自転車道を走っていたら「稲木」を見つけました。
あまりにも珍しいのと懐かしさとで思わず写真を撮りました。
僕が子供の頃は、刈り取った稲は「稲木」にかけて干していたのです。今はみな機械がやってしまいますから、稲木を組んで稲を干すことはありません。当然、稲木は見かけなくなりました。

子供のころ稲刈りや稲木にかける作業も手伝わされたことを思い出し、懐かしくなりました。

2 件のコメント:

ジョビジョバ さんのコメント...

稲木!!懐かし~い!

最近、見かけませんよね~ぇ。。。

私は稲刈りの匂いが大好きです。
青いような・・・枯れたような匂い。

子供の頃、家族ご近所助け合って稲刈りをしたのを思い出します。
一日中田んぼに居て、子供達は大きなゴザの上で遊んだり高~い稲木に登ったり。
あ、高い稲木は台風で倒れた時大変でした。雨をいっぱい吸った重~い稲木を村中の男達が総出で起こすんです。


稲刈りは子供にとって大イベント!休憩時間には別に煙草を吸うわけでもないのに、「たばこしまひょうで~」と声かけてみんなで梨やあんぱんを食べます。

高学年にもなると子供も戦力で、はるか下段の田んぼから背中いっぱい稲束背負って何往復も運びます。背中がカユイんです。


祖父と私は稲木の名コンビで、てっぺんに登った祖父に下から私が稲束を投げ上げるのです。
穂が下を向いて届くように上手くしならせて投げる。日暮れまで延々・・・
おかげで肩が強くなり部活に役立ちました。

家族もご近所さんもみんな元気に働いて、古きよき時代でした(^^)
稲木の写真を拝見して、細かな事までいっぱい思い出しました!ありがとうございました!

我が子にはこんな思い出、作ってやれないなぁ・・・

よんちゃん さんのコメント...

ジョビジョバさん、こんにちは。

稲木はもう何年も、いやそれ以上見ていませんでした。懐かしくて思わず携帯を取り出し写真を撮りました。

ジョビジョバさんの文は素晴らしいですね。稲刈りや稲木に稲をかけていく作業の様子がありありと目に浮かびます。そしてその場の雰囲気がよく伝わってきます。