2007年8月13日月曜日

定演

定演が無事終了しました。

高校生のみなさん、ご苦労さん!

OB合同演奏に出演してくださった皆様、ありがとうございました!

今年も楽しくできました!

1 件のコメント:

ようかんや さんのコメント...

昨日の定演、お疲れ様でした。

私は、高校生の演奏、OBの演奏もどちらも見ていていろいろ感じていました。

高校生の演奏は、自分の若かったころを思い出しながら、聞きました。
高校生のころ、一年一年って本当に短くて、刹那的で、今しかない!!っていう感じですごしていました。今しかないと思うから、勢いもあるし、無茶もしたし。
短いからいろんなことが凝縮されていて、それぞれ”濃い”思いが詰まっていましたね。そんなことを思い出しながら聞きました。

OBの演奏は、OB以外の人たちにも助けていただきながら、やっぱりさすが大人!っていう演奏だったと思います。
よんちゃんさんの指揮も生き生きしていて、後ろ姿から十分楽しんではる雰囲気が伝わってきました。前にも言いましたが、私は合同演奏のよんちゃんさんの指揮はめっちゃ好きです。よんちゃんさんが遠慮してなくて(笑)わりと自分の思いも出してはる気がする・・・。
短い練習ではあるけれど、その中でできる一番いい形の演奏なんではなかろうかと。
それぞれが強弱も気にしながら、細かい表現もいい感じにできていて、私も楽しかったです。高校生たちも気持ちよかったんじゃないかな。
それが大人の魅力ですよね。
まさに、一緒に演奏することそのものに大きな意味があると思います。

来年はやっぱり奏者として出たいです。「We are all alone」めっちゃ吹きたかった~!!

高校生の演奏から感じたことと、OBの演奏から感じたことを混ぜて、私は自分が演奏している場所をとても愛しく感じました。

高校生のような気持ちでは続けられませんが、自分のライフワークとして続けていくには、もう少し自分の気持ちも整理しながら、
ゆっくり・・・でも、熱く(笑)かかわっていきたいな。