2007年8月30日木曜日

アイス(3)

夏の終わりが近い。季節はずれのネタになる前に、滑り込みで入れます。(冬、こたつに入りながらアイスを食べる人もいますが・・・)

まずはセヴンティーン・アイス
近くの電気屋さんの休憩コーナーに自動販売機がありました。(ただそれだけ)

本題は『サクレ レモンスライス入り』
同じような商品が他にもあるが名前がわからない。どちらもレモン味の氷に、薄くスライスしたレモンがのせてある。
このレモンがいいのだ。
氷を食べながら少しずつ食べてもいいし、一気に全部食べてもいい。でも必ず最後にレモンを食べる。
なぜか。
多少の苦味を残すが、レモンが唾液を分泌してくれる。つまり口の中の渇きを癒してくれるからだ。

夏はどうしても喉が渇きがち。胃の中が水分いっぱいでチャポチャポでも、喉が渇いているとどうしても水分を取ってしまう。何か飲んだ後は一時的には喉が潤うが、そのうち口の中が渇きだす。するとまた何かを飲んでしまう。さらにお腹が重くなって苦しくなるという悪循環におちいってしまう。

こういう時レモンが口の中の渇きを止めてくれるのだ。


こんな書き方すると、喉が渇いている時はいつも食べているみたいに見えますね。そんなことないですよ、悪しからず。

1 件のコメント:

ようかんや さんのコメント...

レモンスライスがのったかき氷でしたっけ。

ああ、口の中が唾液でいっぱいに・・・(笑)

小学生の頃、バスケットを習っていて、母がつくってくれたレモンジュースを持っていったことを思い出しました。

何枚かのレモンの輪切りが入っていて、カチカチに凍らせて。休憩時間にはまだとけていない氷をガシャガシャと容器を振って溶かそうとしていましたね。

ああ、懐かしい。

レモンって苦いけど、なんとも言えない味わいがあるんですよね。

そういえば、はちみつレモンのジュースにもめっちゃはまっていたような気がします・・・・。

そうだ!
私は柑橘系の味が好きなんだった!!

今日のお昼はレモンジュースでも飲もうかな。