2008年6月26日木曜日

パート譜

Y小学校校歌の編曲があと10小節ほどになりました。

練習に間に合わせたいので、スコアは未完成ですがパート譜を書き始めます。

楽譜作成ソフトは使っていません。手書きです。ずっと書き続けると手が痛くなります。痛みと戦いながら(そんな大袈裟な・・・)書きます。

スコアに書き間違いがないかをチェックしながらの作業です。

何を聞きながらしようかな・・・。もう1回「ラインの黄金」にしようかな。 ワーグナーの楽劇は人を病みつきにさせる何かがあるような気がする。

音楽ブログランキングへ
            にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ

2 件のコメント:

丘 さんのコメント...

えっ、編曲のパート譜をワーグナーを聴きながら書くとは器用なことですね。
スコアの下書きが出来ていて、それを写す
だけ、と仰るかもしれませんが、それにしても・・・・。
音色を考えながら対旋律、楽しそうですね。
実際の音を聴くのも楽しみでしょうね。
いい演奏になりますように祈念いたします。

よんちゃん さんのコメント...

丘さん、こんにちは。

パート譜はスコアをうつす単純作業なので・・・ポリポリ・・・、器用というほどでも・・・


すみません。
返事の文を書いていたら長文になりましたので、いっそのこと27日分の記事にしてしまおうと気が変わってしまいました。

失礼をお許しください。