2008年1月11日金曜日

僕が見ているブログでは、4日と5日に放映された「のだめカンタービレ」関連の記事は、ほぼ出てしまって、そろそろ終わりそうな感じがする。
今更それに付け加えて書くことはない。

ここでは、あくまで個人的なことを。

「のだめ」を見て、より正確にいうと玉木宏を見て、しばらく静かに潜んでいた願望が少しばかり顔を出してしまった。
その願望とは
・ ヨーロッパの由緒あるホールで演奏してみたい
・ オーケストラを指揮してみたい

オケの指揮といっても、数分ですむような序曲とかはダメ。交響曲や管弦楽曲(後期ロマン派から近代にかけて作曲されたもので、演奏時間が数十分もするものじゃないとおもしろくない)

まあ、叶えられることのない夢ですね。

音楽ブログランキングへ
          にほんブログ村 クラシックブログへ

4 件のコメント:

香里太郎 さんのコメント...

その夢、何となくわかります。
音楽で指揮をしたことがある人なら、当然のことかもしれませんね。
私は卓球をがんばっていますが、できることなら、福原愛選手とペアを組んで、世界選手権にでてみたい・・・というような、感じでしょうか?
でも、夢を持つことはいいことですね。

よんちゃん さんのコメント...

香里太郎さん、こんにちは。
年賀状にプリントしてありましたが、卓球を頑張っているんですね。
愛ちゃんとペアですか、いいですね。

○年後、愛ちゃんが一線を退いてからなら、実現するかもしれませんよ。

ニョッキ さんのコメント...

こんにちは。

私はムジークフェラインザールで演奏するのが夢です。

できればマーラーの9番あたり。

まぁムリですけどね。

よんちゃん さんのコメント...

ニョッキさん、こんにちは。
ムジークフェラインザールで演奏するの最高でしょうね。ホールの雰囲気、音の響きの感触を想像するだけでも幸せな気分になります。
また、ウィーン・フィルの演奏をそこで聞けたら最高ですね。

マーラーの9番というのは、ホルン奏者として?それともニョッキさんの好きな曲だから?両方あてはまるからですか。